我々は、運動・スポーツ・トレーニングを通じて
人々の生活の質の向上を目指します。

106
2017.11.02

アクセルを踏むor踏まない ~吉備高原ふれあいロードレース~

先日、岡山県で開催された吉備高原ふれあいロードレースに参加して参りました。
私(野村)は10㎞に出場し、なんとか完走することが出来ました。

今回の10㎞を走り、私は人生と共通する点があると感じました。
それはタイトルにもある通り、『アクセルのタイミング』です。
走る中で【きつい→少し回復→きつい→少し回復…】と波があります。
この『少し回復』した時にアクセルを踏むのか?踏まないのか?でゴールした時の結果は大きく変わってきます。

 

これはどういうことか?
『きついからペースを落とそう』とするのか、
『きついけど少し回復したからスピードを上げよう』と思うのかの違いです。

 

スピードを上げることは肉体的にも精神的にもきついです。
しかし、後者を繰り返すことによりゴールした時の結果は前者に比べて大きく変わります。
私は人生においても同じことが言えると考えます。

 

『少しきつい→休む』or『少しきつい→何かをやる』
ここでも持論を述べたいと思います。

 

セルフトークで使う接続詞が重要だと考えます。
(例)『少しきついから休む』の『から』を使わずに『けれども』を使う。
『けれども』は逆接になるため『少しきつい、けれども頑張る』というように意味が全く変わってきます。
セルフトークがポジティブかネガティブか?

 

私は接続詞次第でポジティブにかえることが出来ると考えてます。
ポジティブなセルフトークは潜在意識に貯蓄され、良い影響があると考えてます。
持論が多くなり、申し訳ございません。

 

まとめとして、アクセルを踏むことは成長のスピードを上げます。
スピードを上げるのを邪魔しているのは自分自身かもしれません。
これを乗り越える1つの武器として使えるのがセルフトークです。
ありがとうございました。

 

~NO NeeDS NO LIFE~

ジム&スタジオ NeeDS(ニーズ)
施設案内はこちら

運動・スポーツ・トレーニングを通じて、関わる全ての人々の生活の質の向上とパフォーマンスアップを目指し、人々の健康を促進し豊かな社会建設に寄与する、ジム&スタジオ NeeDS。

車椅子陸上小西恵子選手・北浦春香選手 練習撮影会

2017.06.30

先日、神戸市立王子スポーツセンターにて NeeDSの契約アス...

この記事を読む

NeeDS契約アスリート 東芝姫路 若田実友子選手

2017.09.29

ジム&スタジオNeeDSの九州男児の野村です‼ 今回はNee...

この記事を読む

ナイスプレー♪ プロゴルファー藤崎莉歩選手

2017.03.17

  先日高知県の土佐カントリーで女子プロゴルフツ...

この記事を読む

【NeeDS契約】プロスノーボーダー平岡敬太朗選手

2017.06.01

NeeDSに新しく契約アスリートが増えました。 プロスノーボ...

この記事を読む

NeeDS(ニーズ)アスリートもトレーニング頑張っています!

2017.06.22

皆さん、こんにちは!中原です。 本当に梅雨入りしたのか疑うく...

この記事を読む

車椅子陸上北浦春香選手の願いとは…!?

2017.07.31

こんにちは! 先日NeeDSでは『七夕イベント』を開催致しま...

この記事を読む

株式会社エヌ ディ エス
〒657-0053神戸市灘区六甲町4-1-15
TEL:078-777-9052 予約受付〜20:00

Copyright(c) 2010 トレーニングジム&スタジオ NeeDS All Rights Reserved.